CAP

作業帽を長持ちさせるにはお手入れが大切

作業帽は、コーディネートの仕上げにポンと被ると、いつもと違った雰囲気を醸し出し、特に夏場は日光から、髪や頭皮を守ってくれる便利なファッションアイテムです。みなさんは、一日被った作業帽をどうされていますか。もしかしてそのままにしていませんか。洋服は、一日着たら洗濯してお手入れしますよね。作業帽も同様にお手入れが必要です。汗や皮脂が付いた作業帽をそのまま使っていると、雑菌が繁殖してニオイのもとになります。更に作業帽の劣化を早めてしまい、頭皮に湿疹ができたり抜け毛の原因にもなります。そこで、作業帽のお手入れ方法についてご紹介します。
作業帽は、綿の生地がほとんどなので水洗いが可能です。まずホコリや糸くずなどは、ガムテープなどで、ポンポンと叩くようにして取り除きます。ぬるま湯に少し中性洗剤を入れ優しく手洗いします。洗いづらい場所は、歯ブラシを使うと便利です。洗い終えたら、作業帽についている洗剤を洗い流します。洗剤がとれた作業帽を、乾いたタオルなどで水気をある程度吸い取ります。乾かす時は、型くずれしないように、なるべく頭の形に近い物の上に作業帽を被せます。例えば、作業帽の大きさに合ったザルがあれば最適です。乾かす場所は、風通しのよい日陰に干しましょう。

Information

News List


TOP

Copyright © 2017 使いやすい機能的な作業帽について解説!幅広いシーンで大活躍 All Rights Reserved.